忍者ブログ
藤○の日々をだらだらと書き記していきます こっそりmixiからも繋がったりしてます。
[255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脚本というものはシステマチックにできていて 
文章の中に置かれている構成要素が 
ぱっと観ても理解できるようになっている。 

柱、ト書き、セリフが主な構成要素で、 

------------------ 
○自分の部屋(夜) 
   暗い部屋。 
   机の前に座る主人公。 
   モニタの青白い光を受けていて。 
   黙々とPCモニタに向かいキーボードを叩いている。 
   ふと、その手が止まって。 
主人公「今日もなにもなかったな」 
------------------ 

といったように、○~で書かれた部分が「柱」 
主に場所や時間などを示す要素、 

次に行頭がさがって書かれている説明部分がト書き。 

そして名前と「」で囲まれたものが台詞。 
音になって出てくる要素。 

大まかにこの三つだけで成り立っています。 

それぞれの要素が意味を持っているので 
読みなれると実に頭に入りやすいというか 
頭に入りやすいように文章の流れを考えるようになるというか 

自分は、特に誰から教わったわけでもなく 
人の書いた脚本を見て、自分で書いて身につけました。 

この要素の構図が美しいと、そこに絵が浮かんできます。 
頭にも入ってきます。 

だから見やすい工夫というものを必ずします。 

でも、時折、仕事なのに、よくわからん脚本もあります。 
内容がおかしいならいいんですが 
こうした基本がどこかズレていて読みづらいだけというか……。 

今、そんな脚本を前に悪戦苦闘しております。 
翻訳脚本なので、翻訳者が脚本についての知識がないために 
なんとなーくそれっぽく書いてきちゃったためだと思うので 
次回からはそこら辺を押さえてもらおうかと思っています。 

読みづらい本は面白さが削がれるので、文章に気をつけたいと、ほんと思ってます。 


何が言いたいかというと、読みづらい本は読みたくない。 
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/26 藤○]
[01/25 秋生]
[10/05 藤○]
[10/04 hal]
[09/26 藤○]
プロフィール
HN:
藤○
年齢:
50
HP:
性別:
男性
誕生日:
1967/08/06
職業:
文章関係・映像関係
趣味:
散歩らしい
自己紹介:
おもに国分寺~小平界隈を徘徊しております散歩人です。
仕事時間のうち何割かが散歩でできているようです。
ですから雨は苦手です。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
お天気情報
アクセス解析
アクセス解析
FX NEWS

-外国為替-